富士急ハイランド×総合格闘技PANCRASE×ビーイング初のアイドルグループ合格者7名登壇イベントに長谷川万射が出演!!

ゲストMCとしてまやにゃむが出演!!

「ここから生まれていく文化を創ってみたい」

昨日11月24日、富士急ハイランド園内特設ステージにてビーイング×スマッシュ×富士急ハイランドによる『富士急ハイランド絶叫アイドルオーディション2019』合格者7名のお披露目イベントが開催され、ゲストMCとしてまやにゃむこと長谷川万射が主ts年させて頂きました。

同企画は、ビーイングが総合格闘技パンクラスや数々のイベントをプロデュースするスマッシュとタッグを組み、富士急ハイランドの協力を得て立ち上げたアイドルオーディションプロジェクト。今年3月27日にオープン50周年を迎えた富士急ハイランドのオフィシャルアイドルを誕生させるべく、総勢約1500名の応募の中から、書類選考を含む3度の審査を経て合格者が選ばれました。

長谷川万射は総合格闘技PANCRASEにも出演させて頂き、ゲストイメージラウンドガールも務めました。

長谷川万射のプロフィールはこちら

イベントには実行委員会を代表して、株式会社スマッシュ代表取締役の酒井正和氏、富士急行株式会社の稲光一哉氏、ビーイングの浅岡史紀氏が登壇されました。酒井氏は朝まで降り続いていた雨がイベント前に止んだことから彼女たちが「運を持っている」と評価。「年の差、9歳のファミリーが今後どんな活躍をしていくか」と期待を寄せました。稲光氏は、お披露目となったステージがAKB48や乃木坂46もイベントを行ってきた場所と紹介し、今後は彼らにもステージに立って欲しいと話されました。さらに、富士急ハイランドのパンフレットモデルへの起用も示唆しました。

 浅岡氏は、オーディションを経て「一人ひとりの個性を感じて結成したグループ」と言及されました。グループ方針には、アイドル活動以外にタレントとして富士急行グループの広報活動の側面もあると述べされました。また、幅広い客層を擁する富士急ハイランドに合わせて、小中高生向けのYouTubeチャンネル開設を明言。動画の内容は、学べるスタディチャンネルだ。「アーティストとタレントの2つの軸で活動していく。どこにもないグループを創っていきましょう」と今後の展望を明かしました。